AGAの原因

AGAの原因は?

男性ホルモンの影響が一番の原因と考えられています

AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモン、遺伝、生活習慣などの様々な要因が複雑に絡み合って起こりますが、一番の原因は男性ホルモンによる影響だと考えられています。男性ホルモンの一種である「テストステロン」が毛乳頭細胞に取り込まれ、「5α還元酵素」の作用により「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換されることで、毛周期(ヘアサイクル)の成長期が短縮されて退行期へと誘導されてしまい、髪の毛が薄くなってしまうのです。

毛周期(ヘアサイクル)とは?

毛周期(ヘアサイクル)とは、髪の毛の成長から抜け落ちるまでの周期のことで、男性の場合、通常2~7年程度の期間があります。そして毛周期は「成長期」「退行期」「休止期」という3つの期間に分けられます。

成長期

成長期とは髪の毛が成長する期間のことで、この期間が長ければ長いほど髪の毛は長く・太く成長する傾向にあります。

退行期

退行期とは、休止期に至る過程期間のことです。

休止期

休止期とは髪の毛の成長が止まる期間のことで、この期間に古い髪の毛が抜け落ちます。

AGAになると毛周期(ヘアサイクル)が乱れる

AGAになると、成長期が短くなって十分成長する前に抜け落ちてしまったり、休止期から成長期へ移行しなかったりするといった、毛周期の異常なサイクルが起こってしまいます。成長期は正常の方の場合、通常2~6年間程度続きますが、AGAになるとこれが数ヶ月から1年程度に短縮されてしまいます。その結果、薄毛が進行してしまうというわけです。

AGAを発症したら?

専門家に相談して適切な治療を受けましょう

AGAは適切な治療を受けることで、その進行を抑えることが可能です。「すでに髪の毛が薄くなっているから」「もう年だから」と諦めてしまわずに、一度門真市のやすだ泌尿器科クリニックへご相談ください。

AGA治療は早期に始めれば始めるほど、高い効果が期待できます。また、治療の選択肢も広がります。お一人でずっと悩み、治療をためらう時間が長ければ長いほど解決への道が遠ざかってしまうと言えますので、薄毛が気になったその時が受診のタイミングと考えてお早めにご連絡ください。

top

ウェブ予約

待ち時間確認

0669678406